キーワード
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻 (あ、18禁です!) 2009年03月 現在の閲覧者数:
FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
アクセス

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.31 (Tue)

上下関係

スポーツ万能なスポーティー様、20歳。
白い肌にショートカットの黒髪。
お洒落で可愛いイマドキの女の子です。

一回り年上の僕のようなしょーもないダメM男なんかとの接点。
それはクンニのご利用です。
これまでにもクンニ玩具として、またマッサージ要員として何度かお使いいただております。


「明日はめっちゃ汗だくになりそうな感じだょ」

こちらはクンニ奉仕日前夜に頂戴したメール。
アルバイトが終わり次第、僕宅にお越しくださるご予定です。

スポーティー様が僕の口をご使用くださるときはいつもシャワーを浴びる前。
一日の汚れをお口でお掃除させていただくことから始まります。


「今日はもぅ既に汚いよぉ
 国田が近くに住んでたらいいのになぁ」

こちらは当日のメール。
バイト中に送ってくださいました。

汚れたオ○○○をM男に舐めさせて掃除させる。
20歳のスポーティー様はそんな秘め事的なお遊びがマイブーム。
その清純そうなごルックスからは到底想像できません。

僕が20歳の頃なんて毎日短パンでザリガニを捕まえて遊んでおりましたが、イマドキの若いコってオマセというかなんだかすごく進んでいらっしゃるような気が致します。


その夜、スポーティー様と駅で合流。
僕宅ことクンニルームへと直行いたしました。

「今日はめっちゃ汗かいたぁ~」

「絶対くさいよ」

道中、自慢げにおっしゃるスポーティー様。
到着後の即ク○○が前提でのご発言です。



クンニルームに到着。

「疲れたぁ」

スポーティー様は床に座って靴下をお脱ぎになられました。
素足を投げ出してそのまま壁にもたれて寛がれます。

「テレビつけて」

僕はテレビをON。

「それ」

ご指示に沿ってバラエティ番組にチャンネルを合わせました。


テレビっ子なスポーティー様がテレビを観始めたら基本目を離しません。

「足もめっちゃくさいよ」

顔はテレビに向けたまま、素足だけ僕の方に差し出されます。

「舐めていいよ」

足指を広げながらおっしゃいました。

スニーカーも靴下も脱ぎたてホヤホヤ。
丸一日バイトされてこられたおみ足様です。

スポーティー様はマッサージもお好きでいらっしゃるので、
足裏マッサージも交えながら御指様の一本一本を丁寧にお舐め致しました。


ho


「この子可愛い」

「おいしそ~!」

「超ウケルwww」

足元のM男などまったくのアウトオブ眼中。
始終楽しそうにテレビをご鑑賞されておられました。

右足様へのご奉仕が一通り終わる頃、
もう片方のおみ足様が僕の口元に差し出されました。
舐め&マッサーで両おみ足様ともお勤めをさせていただきました。






しばらくするとスポーティー様はおもむろにスカートと下着をお脱ぎになられました。
お次はオ○○○様へのお勤めのお時間のようでございます。

スポーティー様は下半身全て脱ぎ終えるとソファーにご移動されました。
相変わらずテレビからは目を離すことはなく、無言でお股だけ広げられます。

言わずもがな。
スポーティー様にとってクンニ玩具がクンニ奉仕をするのは当然の事。
クンニの催促にいちいち言葉は必要ないのでございます。

スポーティー様の気分が害されないようにと、
僕はすぐさまクンニ奉仕を始めさせていただきました。


spoty

バラエティー番組をつけてからずっと笑いっぱなしのスポーティー様。
そのテレビ鑑賞をより心地よくご覧いただけるようにクンニ玩具は役目を果たさせて頂きます。


クンニルームには上下関係が存在しています。
この部屋の主として、でーんとソファーでお寛ぎになりM男にクンニをさせながらテレビをご観賞されるスポーティー様。
そのお姿はまさしく御主人様としか申し上げようがございません。


『この後は、あいのり~!』

次の番組のCMが流れました。

「あぁ~♪あいのりやったね♪」

次々と面白い番組が続いてスポーティー様も益々テレビに夢中のご様子です。
僕は立ち位置を察し御テレビ様の邪魔をしないように気をつけてオ○○○様を舐めさせていただきました。



5時間が経過した深夜2時頃。

「舐めててね」

スポーティー様はクンニ玩具にそう伝えると、瞼を閉じて深い眠りにつかれました…。
Good night...


sporty



追記
むしろここからが長く…、
僕は仮眠をとり朝から目覚ましクンニ。
そのまま夜までクンニさせていただいたのでした♪
スポンサーサイト
[PR]

01:31  |  スポーティー様  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2009.03.19 (Thu)

お風呂でクンニ

A舐め
仕事中、携帯にメールが届きました。

「今日は?」

その簡素なメールの送り主は、品川区でOLをされていらっしゃる23歳の女の子、GOP様。

ここのところ毎日のようにGOP様へのクンニ奉仕をさせていただいておりましたので、
この度の「今日は?」という意味も「(今日も舐めてくれる?)」といったご内容であるとすぐにお察し致しました。

GOP様のご自宅は僕宅とも近うございます。
職場からの帰路も同じ方向ですのでお仕事帰りにご一緒させていただくことに。
途中の品川駅で合流して、そのまま僕宅ことクンニルームへと向かいました。


「今日はお風呂で舐めて」
クンニルームに到着するとGOP様が仰いました。
僕も湯船でのクンニ奉仕はまったり過ごせるので大好きでございます。


「じゃぁお湯溜めてきて」
僕は早速セッティング致しました。
蛇口をひねってお風呂場から部屋に戻るとGOP様は既にソファーにいらっしゃいました。
上半身は着衣のまま、下半身だけお脱ぎになられ、両足を持ち上げてスタンバイOKといったご状態です。

「お湯溜めてる間にちょっと舐めてて」


着替える間も無くGOP様のオ○○○様の前に跪かせていただきました。

「綺麗にして」

お仕事終わりそのままのご状態のオ○○○様。
僕は丁寧に丁寧にお口でお掃除させていただきます。

「きもちぃ…」



そんなGOP様も以前は、照明が暗くなきゃ嫌だとか、毛布の中じゃないと嫌だとか、シャワー浴びてからじゃないと嫌などと、人様並みに恥らう可憐な乙女様でいらっしゃいました。
でも今となってはそのような恥じらいはどこへやら。
部屋が明るかろうが、シャワー前でアソコが汚れていようがバッチコイ。
少しの時間も惜しむかのように今では速効性を最重要視されます。
そしてロスなく僕の舌をフル活用してくださるのです。

浴槽にお湯が溜まるまでかれこれ10分少々はクンニ奉仕による舌掃除をさせていただきました。
そしてそのままお勤めの場所をバスルームへと移しました。






いい湯加減、いい湯煙。
いいとしかいいようがない感じです。
早速湯船に浸かりました。

「ちょっと待ってね」
GOP様は両足を浴槽の縁に乗っけて、水面に腰がくるように調整してくださいました。
ちょうど僕のすぐ目の前にオ○○○様が来るかたちとなります。

「はい」
GOP様はそう言ってクンニ奉仕を促されます。
僕は両手でGOP様のお尻を支えながら、目の前のオ○○○様をお舐めいたしました。


「はぁ~~~…」
GOP様は深い溜め息をもらされました。


湯船でゆっくりリラックスしてのクンニ奉仕。
まったりのんびりとこのまま永遠に舐めていたくなります。

「ふぅ~~~…」
GOP様は目を閉じたまま舌の感触をご堪能。
僕は恍惚とした気分で旬な幸に舌鼓。
日々の喧騒を忘れお互いに極楽気分でございます。





「おしりも舐めて」

GOP様はお尻の穴へのご奉仕もお好きでいらっしゃいます。
ひとまず体勢を変えることに。

うつ伏せで片足だけ浴槽の淵に乗っけてお尻を突き出すというかなりご大胆な格好でございます。

僕は目の前に差し出されたアナル様を早速舐めさせていただきました。

「はぁ…マジ最高…」

「ふぅ…国田はホントにおりこうさんだね~」

僕はGOP様のお役に立てたことを嬉しく思い、
引き続き感謝の気持ちを込めてお舐めいたします。

「うーん…」

「きもちいよ…」


お尻の穴様の表面、そして奥の方までたっぷりとご奉仕させていただきました。
長湯のご奉仕ですっかりのぼせてきたのでそろそろあがる準備に移ります。
まずはGOP様が先に洗って上がることに。


立ったご状態で片足を浴槽の淵に乗せてシャンプーをされるGOP様。
威風堂々、ワシャワシャと髪を洗うそのお姿を下から見上げるとGカップのOPが神々しく輝いておられました。
当然僕はその間も下半身へのお勤めを致します。

お勤め中、シャンプーの泡が上から僕の顔にボトボトと落ちてきます。
GOP様はそんなのお構いなしでご洗髪されておられました。

一通り洗い終えるとシャワーで洗い流し始めるGOP様。
下にいる僕の顔には泡やら流水やらが沢山流れ落ちます。
なんかいっぱい目に入るので堪らずご奉仕を中断。すると
「もう!やめちゃダメ。」
と速攻で注意されてしまいました。

僕は目を閉じ、呼吸を確保しながらご奉仕を再開いたしました。

GOP様がお身体を洗われる間も、
その流水が顔に流れ落ちてくる間も、
シャコシャコと歯磨きされてる間も、
うがい水をわざと顔に落とされてる間も、
僕は休むことなく立ちクンニでのご奉仕をさせていただきました。


そんなこんなでお風呂を後にして部屋へと移るわけですが、
むしろこれからが本腰入れてのお勤めのお時間となります。
ということで、その後も引き続き延々とクンニ奉仕をさせていただくのでした。m(_ _)mハハー
00:21  |  GOP様  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2009.03.08 (Sun)

女子大生様のペットとして

いつも僕を「おい、犬」と呼び、実際に犬として扱ってくださる女子大生様
犬はご主人様にお仕えできてほんとハピネスでございます。




[広告 ] VPS

タグ : アナル舐め クンニ玩具 M男 奉仕 クンニ掃除 s女 クンニ奉仕 女子大生様

11:07  |  女子大生様  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。