キーワード
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻 (あ、18禁です!) 2008年11月 現在の閲覧者数:
FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
アクセス

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.28 (Fri)

109様(その2)

メッセージを下さったのは、
渋谷109のカリスマショップ店員、109様。


109



「☆質問☆」
「舐めてくれますか?」


舐め犬にとってはヤバいほどにヤバいご内容のメッセージ。
僕はぜひお願い致しますとご返信致しました。


「秘密厳守してくれますか」


「ヂャァいっぱい舐めて


「緊張するけど舐めてね


「でもなんか恥ずかしいかもぉ


「でもなめてほしいな


「やっぱいきたいです


「ヂャァなめて!秘密厳守で!」


「ヂャァ9日の夜行きます



メールでのやり取りの末、
109様はクンニ好きな僕に股を差し伸べてくださることに。



渋谷109の店員様といえば、
ファッション界におけるリーダー的な存在であり、
またギャル界におけるカリスマ的な存在でもあられます。


一方の僕はというと、ダサ芋ガッペ丸出しなキツい感じのダメリーマン。
世を賑わすSEXYキュートなギャル様達とはまったくの別次元に位置しており、
日々底辺を行き来しているだけの汚れ的な三十路男です。
本来でしたら109様のような御方の視界に入ることすら決して許されない存在なのです。



そんな住む世界の違う二人の間に存在したのは、
「クンニが好き」というただひとつの共通点。
今回はその共通点がもたらした奇跡の接点といえます。



とはいえ、クンニ好きな男性なんておそらく世にはごまんといらっしゃるはず。
109様クラスの御方でしたらどんな素敵なイケメンさんだってきっと選び放題でしょう。
にも関わらずあえて僕のような底辺の者をこうしてご指名くださいましたことに、
僕は心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。




109様との初クンニ当日。
お待ち合わせは大きめのターミナル駅。
僕は改札前にて、109様がお見えになるのをお待ちしていました。



と、その時です。

足の付け根ギリギリのミニスカート。
露になった艶めかしい生おみ足。
ヒールの高いカッコいい感じのブーツ。
長くてキレイな茶髪。
天女の羽衣のようなヒラヒラスケスケの羽織物。


秋冬物に身を包んだ何兆人もの往来の中から、
そのSEXY過ぎるギャル様に目の照準が合いました。


(ギャ、ギャル様の中のギャル様としか言いようがない・・)


大きめの駅ですし、他にもギャル系の女の子はチラホラといらっしゃったのですが、
その御方が発するギャルっぷり、そしてSEXYさはまさに別格。
おそらくその場に居合わせた誰もが目と心を奪われていたことでしょう。



と思ったのも束の間。
そのギャル様が改札を抜けるや否や、
速攻で黒スーツに身を包んだスカウトっぽい男性から声を掛けられていました。

ギャル様はこなれた感じでその男性をかわし、
その後ツカツカと僕の方向へと向かってこられました。


「はじめましてw」

まさかこのようなSEXYギャル様が、
僕ごときの舌を使ってくださるなんて。。。


つづく
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

タグ : 女王様

19:49  |  109店員様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.11.27 (Thu)

109様 (その1)

若者の街、渋谷。
そこは、毎日何兆人ものペヤングが行き交う、
かなりエネルギッシュな街。

そんな渋谷のど真ん中に、ギャル文化の発信基地として名高いファッションビルが存在します。
その名も『渋谷109』、通称マルキュー。


109様



ちなみに国田は九州出身の上京組。
流行やパッションなどに疎いおいどんは、
「渋谷109」という単語を耳にした事はあるものの、
そこがどういう所なのか、当初はイマイチよく分かっていませんでした。

今から遡ること、2年とちょっと前。




九州から上京したてのおいどんにとっては、
見るもの全てが新鮮であり、
毎日が観光気分。



そんなある日、
仕事の用事で渋谷駅を経由。
おいどんはその時初めて若者の街、渋谷にやって参りました。





「ごごがすぶやがぁ~」


行き交うペヤングの多さにおいどんは圧倒されてしまいました。


くたびれた背広に磨り減ったズック、そして型崩れしたカバン。
見るからに芋丸出しのおいどんはパッショナブルな本場のペヤング達を前に気後れしてしまいます。

しかし折角来たのですから観光したいというのが芋心。
おいどんは勢いに身を任せて渋谷の街を闊歩してみることに致しました。




間もなくして109と大きく書かれたビルを発見。



「ごでがウズマルグーがぁ~」


地元の九州に居た頃から聞いたことのある有名スポットです。
テンションが上がってきた芋ガッペは、
ウキウキ観光気分で「109」の中へ。



しかしそこは、
おいどんのようなくたびれた芋リーマンが入っていいような所ではありませんでした。




各店舗からクラブ音楽がガンガン。
陳列された刺激的な服、キラキラした小物。

ビルの中にはギャル、ギャル。ギャル。。
どのお客さんも、どの店員さんも、見渡す限りギャルばかり。。
場違いを察したおいどんは逃げるようにして上のフロアへ。


(…すまむらとは違う


エスカレーターで上に行けども行けども、
おいどんの視界に入ってくるのはギャルとギャル店だけ。
どんなに上っても紳士服売場や、レストランフロアなども見当たりませんでした。
どうやらここ「109」は全フロアがギャル専門店の建物のようです。


おいどんはエスカレータで最上階に着いたとたんに速攻で下りて、
そのビルから足早に立ち去りました。



先ほどと変わらぬ群集。
そして変わらぬ街並み。
変わったのは芋リーマンのしょぼくれた面だけ。
打ちのめされたおいどんは速攻で渋谷を後にしました。






それからというもの、
おいどんは分相応な暮らしを心掛けるようになりました。


家→会社→家→会社→家→会社→すまむら→家→会社



そんなある日の休日。
おいどんはいつもの様に部屋の隅で体育座りをしていました。
するとPCに一通のメッセージが。



タイトルは 「☆質問☆」
本文は  「舐めてくれるの?」


!?
答えはyesだけど・・
いったい誰からだろう・・・。


早速その方のプロフィールを拝見。


なんとそのメッセージはあの渋谷109の店員様からでした。
マルキューの店員様といえば全国のギャルシーンをリードする存在。
まさにギャル様の中のギャル様であり、
おいどんのような芋ガッペなんかとは対極に位置する御方。

まさかそのような御方が・・
おいどんのような芋に・・・
クンニさせてくださるなんて!



続く
20:07  |  109店員様  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2008.11.25 (Tue)

ウコンの力

その瞬間・・
(あqwせdrftgyふじこlp)
って思いました。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
12:12  |  ミラクル様

2008.11.23 (Sun)

アナル舐め -続き-

体位を変えに変え、これでもかってくらいに舐めさせていただきました


(動画26分)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
20:14  |  京美人様

2008.11.21 (Fri)

アナル舐めの巻

アナルを舐めている間たくさん力んでくださいました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
06:57  |  京美人様

2008.11.19 (Wed)

アンニュイな朝

アンニュイで素晴らしき朝です


[広告 ] VPS

タグ : アナル舐め クンニ奉仕

00:37  |  プリンプリン様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.11.18 (Tue)

カラオケ屋さんでの出来事。

「明日夜時間ない

メールをくださったのは、新宿でエステティシャンをされていらっしゃる23歳の女の子。

細身のスタイルに大きなお胸、そしてお美しいお顔が印象的な美女様であられます。

「舐めさせたいんだけど




メールは僕にクンニをさせてくださるというご内容でした。
僕がクンニ好きであることを知ってのご依頼。
エステティシャン様のお心遣いにただただ感謝するばかりでございます。


「待っててねっ
 明日はクンニ漬けにするから

僕はエステティシャン様だけでなく、
太陽や草木、小鳥や虫達にも感謝したい気持ちでいっぱいになりました。

vjh


当日。
エステティシャン様と僕は、居酒屋で小腹を満たした後、
そのままのノリでカラオケにやって参りました。


お酒も入りホロ酔いの二人。なんだか気分も上々です。
チャチャっと受付を済ますと待ち時間が10分少々ございました。


10分待ちと聞いたエステティシャン様は、どことなくお険しいご表情をなされました。
一体いかがなされたのでしょう。
僕は気が気じゃございません。




ロビーで待機して1分経ったくらいでしょうか。

「おいで」

エスティシャン様は僕の腕を掴み、そのままツカツカと女子トイレへ。


そして、中に誰もいないことを確認すると、

「よし、だれもおらん」

そう言って僕を女子トイレに連れ込みました。



(ボ、ボコられてしまうのでしょうか・・)

僕の不安をよそに、
トイレの鍵を閉め、
おもむろにパンツとパンティーをお脱ぎになられるエステティシャン様。



「早く!でる!」

下半身だけ裸になられたエステティシャン様は、
グイッと僕の頭を押さえつけ、そのままご自身の下半身へ。


僕はエステエティシャン様に促されるがまま、
仁王立ちされていらっしゃるそのお足元に跪き、
御○ンコ様にピッタリとお口をあてがいました。

すると間もなくして、シャーッ!っと勢いよく僕のお口にご放尿されました。

「ふぅ~、もれそうやったぁー」

どうやら僕におしっこを飲ませたかったようでございます。

シャーーーーーッ!

なんとか間に合ってご安心されたのでしょう。

シャーーーーーッ!


先ほどまでの険しさは失せて、


シャーーーーッ!

安堵のご表情でございます。


シャーーーーッ!

先ほど居酒屋で飲んだビールでしょうか。



シャーーーーッ!


なかなか終わりが見えてきません。



シャーーーーッ!


それはそれは大量の御小水。


シャーーーーッ!


溢さないように必死で飲みました。


シャーー・・



スッキリ顔の


シャーー・・


エステティシャン様。


シャー・・



天の恵みに感謝でございます。





シャーーーーーーーッ!


第二陣でしょうか。



シャーーーーーーーッ!


再度お力みになられました。

シャーーーーーッ!

そう言えば・・


シャーーーーーーッ!


先ほどの居酒屋さんでは



シャーーーーーーッ!


ビールを3杯も飲まれてましたね。


シャーーーーーーッ!

ほんとうにもう

シャーーーーーッ!

永久(とわ)のようです。

シャーーーーーッ!



拝啓、


シャーーーーーッ!

父上様。

シャーーーーーッ!

僕が九州から上京して

シャーーーーーッ!

もうすぐ3年が経とうとしています。

シャーーーッ

ここ東京で、

シャーー・・

いろんな方から助けていただきながら、

シャ・・・

元気にやっています。

シャーーーーーッ!


今年は

シャーーーーーッ!


年末に帰りますね。


シャーーーーッ!



敬具。

シャーーーーッ!

18:41  |  エステティシャン様  |  Trackback(1)  |  Comment(8)

2008.11.17 (Mon)

お電話のお供に

お電話の御供に。
お手洗いまでが億劫な際に。
KU・NI・TA
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
23:56  |  プリンプリン様

2008.11.14 (Fri)

支配する者とされる物

38分
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
15:14  |  京美人様

2008.11.09 (Sun)

スポーティー様との初対面(そのサァン↑↑)

「舐めたい?」

スポーティー様は下僕に一択のご質問を投げかけてくださいました。


そう、答えはyesでございます。






「お風呂入る前がいいんでしょ?」

お仕事終わりにそのままお見えになられたスポーティー様。
僕なんかにアソコのお掃除をさせてくださるのでしょうか。
下僕の答えはそう、yesでございます。



「可愛いね。いいよ」

スポーティー様クンニ

スポーツ万能な20歳の女の子、スポーティー様。
普段からお体をお動かしになられることが多いことから、
今回こうしてマッサージのご依頼をくださったわけですが、
まさかクンニ奉仕までさせていただけるなんて・・。
ご奉仕好きな下僕にとってはまさに夢のような話でございます。




スポーティー様は毛布の中でGパンとパンティーをお脱ぎになられました。
下半身だけ裸のご状態でございます。
僕は早速その毛布の中に潜り込ませていただきました。



毛布の中にて麗しのアソコ様とのご対面。
アソコ様はとてもお濡れになられておられました。
下僕は(今日も一日お疲れ様でした)の意を込めて丁寧に舌を這わさせていただきます。



「いいねー」

スポーティー様はそう仰って、テレビジョンを観ながらお寛ぎくださいました。






お風呂前の汚れたアソコ。
本来でしたら異性に嗅がれるのは恥ずかしいのが乙女心。
ましてや初対面だったら尚更のことでしょう。
しかしスポーティー様のご態度からは羞恥心といったものがまったく感じられません。
きっと出会った当初から僕のことを目下の存在としてご認識くださっているのでしょう。
そうです。ただのクンニ玩具に汚れたアソコを舐めさせるのに羞恥心なんてまったく必要ないのでございます。




クンニの最中もテレビに夢中のスポーティー様。
下僕はご主人様が心地良くテレビをご覧いただけるようにと、
主張し過ぎない程度に、ゆっくりと舌奉仕を続けさせていただきました。



しばらくまったりご奉仕させていただいた後、

「舌入れて」

「もっと奥まで」


と腰をグイグイ下僕の顔に押し付けてくださいました。





「お尻も舐めていいよ」

M字開脚の状態で腰を浮かせて、下僕にアナル舐めを促されるスポーティー様。
下僕はご主人様から差し出していただいたお尻の穴を丁寧に舌先でペロペロとお舐め致します。

「あ、そういえば今日は2回ウンコした]

「味する?」


下僕はご主人様との身分の違いを思い知らされつつも、
その邪険な扱いにドキドキしてしまいます。


「ほんと変態だね」

クンニ奉仕はそのまま深夜に及びました。




ここ最近、寝不足だったこともありまして、
まったりとしたご奉仕の最中に、段々と睡魔に襲われてまいりました。

どうやら下僕はいつの間にかウトウトしてしまったようです。
すると、

「おい寝るな」

と、すぐさまスポーティー様から強めのビンタで起こされました。



下僕はグロッキーな状態ながらも、
強制的にご奉仕させられている感覚に陥りM心に火が着いてしまったようで、
ついついまたお粗末なチンコが反応してしまいました。


それを確認したスポーティー様は

「ほんとMなんだね~」

と勢いにのって下僕にビンタを繰り返されます。

「Sもいいかも♪」

「目が覚めてきた!」


どうやらS心に火が着かれたご様子です。



僕は朦朧としながらも「すみませんでした・・」と許しを請い、
すぐにご奉仕を再開いたしました。。






疲れていたのでしょうか。
その後も何度も何度も睡魔に襲われてしまいます。。

ペロペロ。。

ウトウト。。

ペロペロ。



zzz


「おいっ!」(バコッ)

どうやらまた寝てしまっていたようです。


次はビンタではなくて強めのグーパンで頬を殴られました。



「なに寝てんの?」

それはそれは冷ややかな口調でございました。
義務を怠った下僕に対して厳しく接するご主人様。

下僕はご立腹のご主人様のご様子から、大変な粗相をやってしまったのだと深く反省。
再び心を入れ替えてご奉仕を始めさせていただきました。




それから小一時間。
どうやらご主人様もお休みになられるようでございます。
深夜3時過ぎ。ご主人様と舐め犬は眠りにつきました。



zzz





早朝の5時頃・・・


「オナラでる」

スポーティー様はそう仰って、下僕をペシペシと叩き起こし、
それから頭をグイッと下に押さえつけられました。

さすがにまだ十分な睡眠は取れておりません。
何がなんだかわからないまま毛布の中に押し込まれた下僕は、
スポーティー様に促されるままお尻に口をあててオナラを頂戴いたしました。


そのままお股に顔を挟んだご状態でお休みになられるスポーティー様。
エネルギーをチャージした下僕はそのまま朝のお勤めを始めさせていただくのでした。


タグ : アナル舐め クンニ玩具 M男 クンニ掃除 s女

16:55  |  スポーティー様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.11.07 (Fri)

スポーティー様との初対面(その2)

noij


スポーティー様は僕宅に着くと、
道中のビニコンで調達したお酒を飲みながらソファーでおくつろぎになられます。



「見た目若いね。」

「もっとキモい人が来ると思ってた。」



スポーティー様はネットを介して人と会うのは今回が初めてだそうです。
許容範囲を超えるレベルのキモ男が来たらそのまま帰るつもりだったらしいのですが、
そのキャパの広さに救われましてなんとか事無きを得ました。






「残念ながらわたしもMなんだよね~」

ドMな僕にお気遣いくださるスポーティー様。



「8時半から待ってたのにさー」

先ほどの遅刻を指摘された僕は改めてお詫び申し上げました。



「なに?声が小さい!」

僕は声が小さくてよく怒られてしまいます。


「声が知り合いに似ててむかつくし」

僕はひたすら平謝りいたしました。






スポーティー様はソファー。
僕は床にて正座。
その配置的な構図もそうですが、
スポーティー様の口調や態度からも(私の方が目上なんだ)とご自覚されていらっしゃることが容易に感じ取れました。





お酒を飲みながら寛がれていらっしゃるスポーティー様からおみ足が差し出されました。


「最初に足やって」

僕の目の前に差し出された神々しき御素足様。
マッサージで直接手を触れるのは失礼と思い、
タオルを一枚挟み、くすぐったくならないように揉ませていただきました。




「身体の外側から内側にしていくようにして」

「もみ返しもあるから最初は優しく揉んで」

「伝授してあげる」


普段からマッサージのお店に足を運ばれていらっしゃるスポーティー様は、
出来損ないの下僕にご指導下さいました。




「次、肩やって」
「はい」


「最初は弱くつっただろ!」
「ぁぁ、すみません」


「次、腕」
「はい」


「外からっつっただろ!」
「はい、すんません」
「声が小さいんだよ!」


「腰」
「はい!」





色白でセミロング。
イマドキの女の子といった愛らしい御ルックスでいらっしゃるスポーティー様。
20歳とお若いながらも、その毅然とした立ち居振る舞いには風格すら感じられます。




(残念ながらわたしもMなんだよね~)
その様に仰られていた事がまるで遠い過去のようでございます。。




「いいねぇ~。タダだし。かなり都合がいい。」

「国田を家に置いておきたいね」


下僕冥利に尽きるお言葉でございます。
嬉しさのあまりついついチンコが反応してしまいました。

「こんなので嬉しいなんてほんと変態だね」

「さっき帰らなくてよかった」

下僕は感謝の意を込めながら、ご主人様へのマッサージを続けさせていただきました。


スポーティー様はその間、雑誌を読んだりテレビジョンを観たりなどして寛がれておられました。



マッサージが始まって2時間程経過したくらいでしょうか、
心優しきスポーティー様からもったいなきお言葉を頂戴致しました。




「舐めたい?」


今回は当初からマッサージだけのご用命だったのですが、
クンニ好きな僕に対してそのようにお声がけくださったのでございます。





続く
13:39  |  スポーティー様  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2008.11.07 (Fri)

スポーティー様との初対面(その1)

huih
hihoi
bvuy

「マッサージしてほしいです。」




とある女の子からそのようなメッセージが届きました。
その御方は20歳のフリーター様。
都内にてご実家暮らしをされていらっしゃいます。




ちなみに僕はマッサージ師でもなければ、
女の子からお声掛けいただけるようなイケメンでもございません。



職業はただのしがないサラリーマンであり、
見た目だってしょぼくれた面のただのブッサーでしかございません。





「全身やってほしい♪都合良い日ありますか?」


そう、僕はご奉仕が大好きなM男。
女の子に指示されるがままお仕えすることを生き甲斐とする下僕奴隷なのでございます。



ということで、見ず知らずの20歳の女の子からマッサージのご依頼を頂くことに。




その女の子様は普段、宅配便のバイトをされていらっしゃるそうです。
幼少の頃から体を動かすことが好きで、学生時代にはバレーボール部に御所属をされておられたとか。

水泳から球技までなんでもござれ。
最近では週1でフットサルもされておられるようです。




元気モリモリでとっても健康的なスポーティー様。
お仕事でもプライベートでもお体をお動かしになられることが多い為、
気兼ねなくマッサージをしてくれる相手を欲しておられたそうです。
そんな中、僕の日記を見て

「こいつは変態の中の変態だ」

「好きなだけ命令しても良さそう」


などと思ってくださったようで、今回のオファーに至られたようでございます。







お待ち合わせ当日。

夜、お互いの仕事が終わってからのお待ち合わせだったのですが、
僕のせいでご予定の時間より遅くなってしまうハメに。。
いきなりの大失態でございます。。


事前のご連絡とお詫びのメールを送ってはいたのですが、
とにかく急いでお待ち合わせの場所に向かいました。




到着するとそこにはオシャレで可愛いイマドキの女の子様がお待ちになられておられました。

まずはご挨拶をして、お詫びを申し上げました。

「ほんとにごめんなさい。怒ってますよね。。」
僕が恐る恐るお伺いたてると、


「もうほんとに帰ろうとしてた!」
女の子様はそう言って、目の前に現れたしょぼくれたサラリーマンをひと睨み。
ご立腹っぷりを露わにされました。




「ほんとにすみませんでした・・・」
初対面の女の子様を前に、
しょぼくれた面のブッサーはひたすら平謝りするほかございませんでした。




ともあれ、マッサージはご予定通りご利用くださることに。
僕はビクつきながらもスポーティー様を僕宅まで御案内させていただきました。








続く
13:33  |  スポーティー様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.11.07 (Fri)

身分の違い

4分
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
02:26  |  京美人様
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。