キーワード
クンニ大好き!『ドMな国田の大冒険』の巻 (あ、18禁です!) 2008年01月 現在の閲覧者数:
FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
アクセス

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.18 (Fri)

美容師さま24歳


hbeki



昨日はめっちゃホリディ。
とある24歳の女の子のお陰で、かなり充実した一日を過ごすことができました。
その女の子は物凄く気前の良い方で、昨日初めてお会いしたばかりなのにも関わらず、
夕方から朝までで合計すると9時間くらい、たっぷりと舐めさせてくださったのです。



きっかけは先週頂いたメッセージでした。

「はじめまして★
 最近は、舐めるのに忙しい感じですか?
 以前から、国田さんの日記が好きで読んでいたんですが、急にアクセスできなくなっちゃってビックリしました
 でも、復活されたんですね
 私はあまり、クンニされたことないので、どんな感じかわからないけど、気持ちよさそぉ
 またちょくちょく遊びに来ます」



むむむ。折角クンニにご興味をお持ちなのにもかかわらず、今まであまりクンニされたことがないだなんて、なんてMOTTAINAIことでしょう。。
僕はぜひお舐めしたいと思い、速攻でそのような趣旨の内容を返信致しました。


「はぃ是非~
 なんて
 ドキドキしてしまいます」


それからちょこちょことメッセージのやり取りをさせていただきました。


「こっちは何もしなくていいんですか~??」


「じゃぁしてもらいます」


「国田さんもアタシも幸せになって一石二鳥ですから~(笑)
 じゃ、休みとれたらヨロシクね(*^∩∩^*)」


「イッパイ舐めてね」


「早く舐めてほしいなぁ
 楽しみにしてるね」


こうして舐められたい彼女と、舐めたい僕との接点が生まれ、
この度、無事に舐めさせていただくに至ったわけでございます。


どことなくベッキー似の彼女は、目鼻立ちくっきりのお綺麗なお顔立ちの女の子です。
お肌も真っ白でスベスベ。性格も明るく気さくな感じで、心身共に魅力的なお方であられます。
HIP HOPを好んでお聴きになられるそうで、よくクラブにも足を運ばれていらっしゃるみたいです。
そのような都会的なご趣味をお持ちなだけあって、メイクやファッションも非常に洗練されていらっしゃいます。


一方の僕はというと、安っぽいスーツにくたびれた靴。見るからにパッとしないショボショボのダメリーマンです。
僕みたいな者が、彼女のようなモテ系の女の子からアクセスしていただくなんて、冷静に考えたら有り得ない事でございます。
そんな不釣合いな二人を結び付けてくれるこの『クンニ』って、なんて素敵なコミュニケーション手段なんだろうってつくづく思います。



ちなみに彼女、ネット上で男と会うのは僕が始めてになるそうです。
女性同士でのオフ会はご経験があるみたいなのですが、
さすがに男は恐いから会ったことないとおっしゃっていました。
一応僕も男なのですが、どうやらクンニへの好奇心の方が勝ってしまわれたようです。
とはいえ、クンニ好きな男性なんて世の中にはごまんといるのに、
こんな低スペックな僕なんかをお選び頂けるなんて本当にありがたきこと山の如しです。








彼女とは駅でお待ち合わせをして、そのまま真っ直ぐ僕の家まで向かいました。
部屋に到着後、彼女も多少は照れておられましたが、
「どうせ見られるしね」とサクサクと下半身だけ全部脱いでくれました。
初対面のその女の子と「はじめまして」とご挨拶して、
その数分後にはクンニさせていただく間柄に。
まどろっこしいことは抜き。そんな彼女の目的意識の高さにもドキドキさせられてしまいます。





「すごく気持ちいい」

僕はソファーでくつろぐ彼女の前に跪き、お口だけでご奉仕させていただます。


「上手って言われるでしょ」


「あぁ、気持ちいぃ」


「いっぱい舐めて」



まずは夜が更けるまで、映画にして2本分。
彼女はずっとノンストップで舐めさせてくれました。
僕はそんな彼女の気前の良さに感謝しながらもたっぷりとクンニを堪能。
その間、彼女はDVDを観たり、携帯をいじったり、まったりと寛がれておられました。



「本当に犬みたい」


「すごく上手」


「可愛い」


「これだったらずっと舐めててほしい」


ご奉仕中、彼女は映画を観ながら時折そのようなお言葉をかけてくれました。
舐め犬としてこの世に生まれてきてホントに良かったって思える瞬間でございます。






夜になって徐々にお腹が空いてきました。
断腸の思いでクンニを一時中断して、一緒にご飯を食べに行くことに。


お食事中、心優しき彼女は僕ごときと会話までしてくれました。
その会話の中でおっしゃられてたのですが、これまでにクンニは長くても5分とか、もしくは10分くらいしかご経験がなかったそうです。
折角こんなにもクンニがお好きな彼女に対して、そんなちょっとしかクンニしないなんて、他のメンノン達はなんてMOTTAINAIことをしているんだろう。僕はそう思いました。

また、彼女はクラブ通いが趣味だとおっしゃられていましたが、
このクンニを「裏の趣味」ということにしてくれました。
長時間舐められるのは今回が初めてみたいなのですが、
どうやらお気に召していただけたようで僕も大変嬉しく思います。


「こんな彼氏だったらデートしててもすぐ家に帰りたくなるよね」


「癖になりそう」


そうして食事を済ませた1人と1匹は、またクンニルームへ。
ご奉仕再開でございます。
部屋に戻るとすぐにまた、彼女の下半身に舌奉仕させていただきました。


「なれた」


お腹もすっかり満たされた彼女はソファーにどかっと腰をかけて完全にリラックスモード。
跪いてクンニをしている僕の頭を足置きにして、もうクンニされるのが当たり前といった感じで
遠慮なくお股を舐めさせてくれました。






「あ、でる」

僕は彼女のアソコにぴったりと口を着けて
おしっこも飲ませていただきました。


「おいしい?」


はい!とても美味しゅうございます!
おっしこを男に飲ませるのも初めてという彼女。
ドMな僕は、女の子から遠慮なく使われてるこの時が本当に幸せです。




「隣に引っ越してきたい
 そしたら毎日舐めてくれる?」



「あー、明日からどうしよー」



僕は変態ドMですので本来なら敬遠されてしかるべき存在でございます。
それなのにこのような可愛い女の子から、こうしてお求めいただけるなんてホント奇跡としか言い様がありません。


「なんか口が離れてると違和感がする」


「ほんと毎日舐めてて欲しい」



僕は舌奉仕しながら、
クラブとこっち(クンニ)とどっちが好きか伺ってみました。
彼女は「こっち」と即答してくれました。


僕はクンニが好きな女性に魅力を感じてしまうので、
彼女のクンニ好きっぷりには超ドキドキさせられっぱなしでございます。




その後もソファーだけでなく、顔の上に乗っていただいたり、クンニ椅子に跨いでいただいて真下からご奉仕したりと、深夜遅くまでクンニを満喫。
そして後半はベッドで寝の状態の彼女にまったりと舌奉仕。
気がつけば深夜3時過ぎになってしまいました。


次の日は朝から仕事もあるのでさすがにそろそろ寝なきゃと思い、ひとまず中断。
彼女の下半身から離れて、上まであがっていきました。すると彼女の顔は明らかにふてくされていらっしゃいました。


えぇぇ。。


もしこれで終わりって言ったら怒りますか?
と、半分寝ていらっしゃる彼女に確認すると、
目を閉じたままウンと頷かれてしまいました。
僕は再度彼女の下半身に戻り、またご奉仕を再開いたします。


「あ~しあわせ」

と彼女。
僕も眠くて虚ろな状態ながらも、クンニを強いられることに幸せを感じてしまいます。


それから30分位ご奉仕した後、心優しい彼女から睡眠を許可をいただきました。







ー爆睡ー







速攻で朝を迎えました。
当然のことながら、朝のお勤めでございます。


すぐ横で寝られている彼女から「時間よ」と起こしていただき、
頭を下にぐいっと押さえつけていただきました。

僕は寝ぼけながらもゴソゴソと毛布に潜り込んで
朝のお勤めであるクンニ奉仕をさせていただきます。


時間ギリギリまで、朝だけでも2時間近くはまったりとご奉仕させていただくことができました。

この度は彼女のお陰で充実したクンニ休暇を過ごすことができて最高に良かったです





お別れしてから、彼女からメールを頂戴いたしました。

「すごーーぃ気持ちよかったょ
 癖になりそうてかなったヤバィ
 あまり寝かせなくてゴメンね
 また行くからね~」


是非お待ちいたしております♪♪♪m(_ _)m
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

タグ : おしっこ 人間便器 クンニ玩具

15:52  |  美容師様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.01.13 (Sun)

22歳の女の子との主従関係


姫子様


「起きれ!」


AM6:30頃
僕は深き眠りから呼び起こされました。





「朝のお勤めしろ」


小声ながらも厳しい口調で、
隣で寝ている女の子からそう指示され、
ようやく状況が掴めてきました。




ここは僕の家。
そして隣で寝ているのは、昨夜から泊まりで遊びに来ている22歳の女の子。
彼女の言う朝のお勤めとは、朝一のクンニ奉仕を早くしろということだろう。



僕は起きて早々「うぅぅ、すみません」と謝り、寝惚けながらも布団の中に潜り込みます。
もう既に彼女はスタンバイOK。下半身だけ裸になっておられました。
僕は早速、朝のお勤めとしてクンニ奉仕をさせていただきます。
彼女はクンニが始まると、僕が布団の中で舐め易いように脚をM字に開いてくれました。


朝のお勤めの後はお互いに仕事がある為、しばらくしたら一緒に出勤する予定です。
でもまだ時間に余裕があるので、僕がクンニをしている間、彼女はそのまま二度寝をされました。
うたた寝をしている彼女の邪魔をしないように、ゆっくりと丁寧に舐めさせていただくことに。



その22歳の女の子ですが、初めてお会いしてからかれこれ半年が経ちます。
最初にクンニしたときは多少なり恥ずかしがられていたと記憶しております。
しかしクンニをお気に召していただけたのか、それからは頻繁に舐めさせていただくようなりました。
もちろんお勤めは朝だけとは限りません。彼女が部屋でまったりしているときもずっとです。DVDを観ているときも

、本を読んでいるときも、音楽を聴いているときも。
遊びに来てくれる度に、彼女は気前良く僕に舐めさせてくれます。
今となっては、むしろ舐めてないと怒られるくらいです。
これまでを足して何十時間、何百時間とクンニ奉仕をしていくうちに、僕が彼女のお股に吸い付いている状態がもはや

当たり前、という感覚になっていただけているのかもしれません。

仕える者と、それを従える者。
目下の僕と、目上の彼女との立場の違いは明らかで、日を追うごとにその差は広がるばかりでおじゃります。


ga

タグ : 目覚ましクンニ お嬢様

17:31  |  お姫様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.01.06 (Sun)

Hay say生まれの18歳、キャバ嬢様


キャバ18足舐め




僕はいま都内で会社員をしています。
地元は福岡県です。
2008年の正月は年末年始の連休をいかして
福岡の実家で過ごすことにしました。





「パイパンなんですけど会ったときクンニしてもらえますか



そんなドキドキメールを送ってくれたのは
福岡でキャバ嬢をしている18歳の女の子です。

キャバ嬢といえば、夜の街を華麗に彩る美しきパピヨン。
世の男性陣の心を鷲掴みにして離さない、
そんな魅力的な女性が働くご職業でございます。

本来ならは、僕なんかとキャバ嬢様との接点なんて
会話をするだけでも高いお金を払わなければ成立しません。
キャバ嬢様のような華やかな世界のお方から、
僕のようなモッサいダメ男なんかに、こうしてメールでアクセスしていただけるなんてまるで夢のようです。
それだけにとどまらず、僕が福岡に帰省した時に会ってクンニをさせていただけるというのです。
考えれば考えるほど本当に夢のような話でございます。
お断りする理由はもちろんございません。ぜひ舐めさせてください!と返信。



「やったー
 ぢゃあいっぱい舐めてもらお



それからお会いするまで、
メールでのやりとりをさせていただきました。



「へ~・・まぢで変態やね!!変態大好きやけど


「いーよその代わり足も綺麗に舐めてね


「Sぢゃないけど・・下手くそやったら蹴るよ


「いーよめぐ(仮名)の便器ちゃん早く舐めてほしいな~


ドMな30歳男からの変態メールにも臆することもなく、
むしろノリノリでメールを返してくる18歳の女の子。
彼女のような頼もしい次世代がこれからの日本を担うのであれば僕はもうはっきり言って安心でございます。






そうしてお待ち合わせ当日を迎えました。
彼女とお会いするのは今回が初めてになります、
事前に顔写メをいただいていたのですが、さすがはキャバ嬢様でございます。
美をウリにしているだけあって、お美しいのはお顔だけでなく、スラリと伸びた手足から髪型やファッションまで。
彼女の全身から美しきモテオーラが溢れ出ておられました。
いいんですかっ僕なんかで><
ただキモいだけの僕なんかに麗しのアソコを舐めさせていただけるなんて、考えただけでめちゃ嬉しすぎます。



とりあえず、彼女も僕も目的はひとつでございます。
寄り道などせず、すぐさまホテルに直行してクンニをさせていただくことに♪




会うまでにメールで盛り上がったとはいえ、初対面ですのでさすがに最初はお互いに緊張気味です。
ただ目的はちゃんとハッキリしているので、ホテルの部屋に入るとすぐにクンニのスタンバイをいたしました。

彼女はベッドで下半身だけお脱ぎになり、
真っ白なシーツを一枚だけかけて、仰向けに寝られました。

僕はそのシーツの中に潜り込み、露わになった18歳の女の子のアソコに舌を這わせます。



前もってお伺いしていたのですが、その日彼女は生理真っ只中。
ご奉仕中も紅(クレナイ)がドクドクと出てきておられました。

僕的には生理は別にノープロブレムでございます。
匂いも平気ですし、紅もティッシュで押さえればいいので全く差し支えはございません。
僕は彼女の紅をティッシュで対処しながら、ひたすらクンニをさせていただきました。
また、最初は心配していた彼女もすぐに安心して気兼ねなく舐めさせてくれました。





「国田 上手っちいわれるやろ?」


「マジ犬みたい」


シーツの中でひたむきに舐め続けていると、
彼女からお褒めのお言葉を頂戴いたしました。
とりあえず嫌がられてなさそうなので僕も嬉しく思い、
ずっとアソコをペロペロとご奉仕させていただきました。




「マジ カワイイ」


「家で飼いたい」


一回りも年下の女の子から、頭をなでなでしていただきました。






キャバ嬢であられる彼女ですが
その日も夜の21時からご出勤とのことでした。
でもお昼から会っていただいているので、
夜までたっぷりと時間はございます♪
まったりと時間をかけて舐めさせていただきました。



彼女はクンニされながらも、携帯をいじったりTVを観たりと
完全にリラックスモードです。




「どーやって飲みたい?」
突然彼女からそう聞かれました。


「そーとーしたい」
どうやらご主人様は尿意を催されたようです。
クンニしながら「このままでも大丈夫です」とお伝えすると、
早速ご主人様は僕の口にめがけておもむろにおしっこをしてきました。

僕はご主人様の便器となり、零すことなくお口で全部お受けしました。
後始末もちゃんと舌で綺麗にお掃除いたしました。




ご主人様はまるで当然といった感じで、便器に目をくれることも無く、
引き続き携帯を弄っておられました。






「アナル舐めて」

ご主人様は腰を浮かして、そう指示してきました。
平成生まれの随分年下の女の子から命令されるがまま、
僕はいわれる通りにアナルをお舐めいたします。



「マジ可愛い」

「オナペットみたい」

「顔潰したくなる」

忠実に従う舐め犬をあやす18歳の女の子。
舐め犬は更なる忠誠を誓うのでした。


「なんかうんこしたくなるのわかる
 おもいっきり口に出したい」

「奥まできれいにして」

ご主人様はそう言ってアナルを力みながら奥まで舐めさせてくれました。
その後も数時間、ご主人様の完全なるオナペットとなり
たっぷりとご奉仕させていただきました。


今回の帰省は5日間。
うち2日、ご主人様とお会いいたしました。

合計10時間くらいクンニさせていただく中で
おしっこも10回以上は飲ませていただきました。

18歳キャバ嬢であられるご主人様。
30歳の僕はもう完璧に彼女の舐め犬でございます。
ご主人様からも気に入っていただけて、
また次回も地元に帰ったときにクンニさせていただけるとのことです。
早くも待ち遠しゅうございます><


キャバ嬢18歳


キャバ嬢様踏み


キャバ嬢さまアナル舐め


キャバ嬢さま足ロック


キャバ嬢様君臨


キャバ嬢様クンニ横アングル


キャバ嬢様M字開脚


キャバ嬢様 クンニ


キャバ嬢様まんぐりクンニ


キャバ嬢様おくつろぎ


キャバ嬢様鷲づかみ




タグ : 足舐め クンニ玩具 人間便器 おしっこ キャバ嬢様

23:53  |  18歳キャバ嬢様  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

2008.01.06 (Sun)

18歳 キャバ嬢様



顔の上でテレビ鑑賞

顔面騎乗です♪

奴隷の顔にどっかり座って

テレビを観ながらおくつろぎになられるご主人様。

動画は5分ですが、実際には2時間くらいずっとこの状態。

途中途中で催されたおしっこを飲ませてくださいました♪



[広告 ] VPS

タグ : キャバ嬢様 おしっこ 顔面騎乗 人間便器

22:40  |  18歳キャバ嬢様  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2008.01.06 (Sun)

顔面騎乗

顔面騎乗

18歳になられるご主人様。

コスプレのセーラー服も超リアルでございます♪


今回もまた顔面騎乗をたっぷりとしてくださいました(*//*)



[広告 ] VPS

タグ : キャバ嬢様 顔面騎乗

22:30  |  18歳キャバ嬢様  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.01.06 (Sun)

18歳キャバ嬢様


奴隷にクンニをさせながら

頭を踏みつけたり

おしっこを飲ませたりして

まったりお過ごしくださいました。

1
2
3
4






[広告 ] VPS

タグ : キャバ嬢様 おしっこ 人間便器

21:36  |  18歳キャバ嬢様  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

2008.01.06 (Sun)

まったりリラクゼーション的なクンニ奉仕♪


大都会“TOKYO”で働くうら若きOL様。

そんな彼女のストレス解消法、それは“クンニ”。

美容と健康に良いとされる“クンニ”で

日々の疲れを癒させていただきました♪

WB3

WB1

WB2





[広告 ] VPS

タグ : OL様

14:54  |  ホワイトニングビューティー様  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。